朝鮮王朝悪女列伝7「貴人(キイン)・趙氏(チョシ)」

「朝鮮王朝実録」の記述

昭顕は清で人質生活を送ったあと、1645年にようやく朝鮮半島に帰ってくるが、2カ月で突然死んでしまう。
この昭顕を毒殺したのが趙氏ではないかと言われている。
なぜかと言うと、昭顕が突然高熱を発したとき、鍼で治療した医師が趙氏と昵懇(じっこん)の間柄だった。それが、ドラマ『馬医』の第1回目で描かれていた毒殺の話なのである。
それでは、なぜ趙氏は昭顕を毒殺する必要があったのか。
実は、屈辱にまみれた仁祖は、清という国が憎くて仕方がなかった。
絶対に恨みを晴らそうと思っていた。
しかし、昭顕は人質時代に清にほれ込んで朝鮮王朝を清のような文明を持った国にしたいと意欲的だった。
結果的に、昭顕が帰国したあと、仁祖との仲が険悪になり、趙氏が仁祖の意向に沿うように暗躍したというわけなのだ。




朝鮮王朝の正式な歴史書である「朝鮮王朝実録」に、次のような記述がある。
「昭顕は、7つの穴から血が噴き出して、毒殺されたようであった」
ここまで「朝鮮王朝実録」ははっきりと書いているのだ。趙氏の関与は疑いのないことなのである。
(ページ3に続く)

朝鮮王朝悪女列伝8「金介屎(キム・ゲシ)」

朝鮮王朝悪女列伝1「廃妃・尹氏(ユンシ)」

朝鮮王朝悪女列伝2「張緑水(チャン・ノクス)」

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

ページ:
1

2

3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る