韓国時代劇の「三大悪女」はいかにして成り上がったのか

 

朝鮮王朝でも特に有名な三大悪女といえば、張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)の3人だ。彼女たちはどんな手段を使って高い地位を得ていったのだろうか。




国家の富を私物化!

張緑水(チャン・ノクス)は、極貧の中で育った。あまりの貧しさに、身体を売って糊口をしのぐ日々が続き、やがて斉安大君(チェアンデグン/9代王・成宗〔ソンジョン〕のいとこ)の屋敷で働く奴婢(ぬひ)の妻となった。
このとき、張緑水の欲望に火がついた。上流の世界を垣間見た彼女は、奴婢からの脱出を決意した。
張緑水は息子を産んでいたのに家出して、妓生(キセン)になった。妓生といえば、宴席で歌と踊りを披露する女性だ。張緑水には、くちびるを動かさなくても美しい声を響かせるという特技があった。これが客に大いに受けた。
張緑水はすでに30歳を過ぎていたが、10代に間違えられこともあった。
噂を聞いた10代王・燕山君(ヨンサングン)が彼女を呼びつけた。よほど気に入ったのか、すぐに側室にした。




それ以後、張緑水は宮中でやりたい放題で、国家の富を私物化した。浪費の度が過ぎて、王朝の金庫が空になるほどだった。
最後に斬首となったのも自業自得と言える。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝の三大悪女の最期はこんなにも悲惨だった!

朝鮮王朝で一番の悪女は誰なのか?

「3大悪女」よりもっと性格がひどい悪女だった側室は誰なのか

朝鮮王朝の「ウラの3大悪女」はなぜ恐ろしいのか

朝鮮王朝悪女列伝1「廃妃(ペビ)・尹氏(ユンシ)」

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る