文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)の悪行を暴く!

 

中宗が寵愛した側室

犯人が特定できない中で、中宗の母の貞顕(チョンヒョン)王后がこう語った。
「東宮の件は誰がやったかわからぬが、大殿に関しては敬嬪(キョンビン)が疑わしいのではないか」
王室の最長老に名指しされたのは、敬嬪・朴(パク)氏であった。
この敬嬪・朴氏というのは、中宗に一番気に入られていた側室だった。
しかも、彼女は福城君(ポクソングン)という中宗の息子を産んでいた。
世子が早世するようなことがあれば、福城君が中宗の後を継ぐ可能性もあった。
それゆえ、敬嬪・朴氏は宮中でも立場が強かった。
そんな状況を苦々しく見ていたのが文定王后だった。
「あの女をなんとかしなければ……」




文定王后にしてみれば、敬嬪・朴氏を陥れる意図が十分にあった。王妃としての自分の立場を強固にするためには、ぜひそうする必要すらあったのだ。
(ページ3に続く)

朝鮮王朝で一番ひどい極悪ファミリーとは?

朝鮮王朝を激震させた「呪いの三大悪女」とは誰なのか?

朝鮮王朝の三大悪女の最期はこんなにも悲惨だった!

朝鮮王朝の「ウラの3大悪女」はなぜ恐ろしいのか

朝鮮王朝で「3大悪女」のような悪女たちがなぜ生まれたのか

「3大悪女」よりもっと性格がひどい悪女だった側室は誰なのか

ページ:
1

2

3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る