コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?(特別編集版)

 

ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』に、どこまでリアリティがあるのだろうか。このドラマには、人間の生活をありのままに描いていく写実性はない。むしろ、ありえないことが連続するファンタジーなのだ。しかも、複雑な現代社会では、リアリティよりファンタジーのほうが、より人間の本質に迫れる場合が多い。

写真=tvN 『トッケビ』公式サイトより




トッケビの花嫁

『トッケビ』の脚本を書いたキム・ウンスクは『シークレット・ガーデン』や『太陽の末裔』を書いた大物だ。
その力量はこのドラマでも存分に発揮された。
特筆すべきは、展開される世界が時空を超えて縦横無尽に広がっていくところ。特に、物語の設定がとても興味深い。
主役のキム・シン(コン・ユ)は、高麗時代の武将で現代まで900年も生き続けている男だ。彼は、王に裏切られて、胸に剣を刺されてしまった。しかし、死ぬことができず、そのまま苦しみながら現代までトッケビとしてさまよっている。
キム・シンが往生するためには、トッケビの花嫁を見つけて、胸に刺さった剣を抜いてもらわなければならない。
そして、彼はついに高校3年生のウンタク(キム・ゴウン)を見つけた。彼女は幽霊を見る力を持っていた。




「彼女ならにきっと剣を抜いてくれる」
キム・シンはそう期待したのだが……。
(ページ2に続く)

コン・ユ主演の『トッケビ』の大きな見どころはココだ!

コン・ユが主演した『トッケビ』を韓国の視聴者は「芸術」と捉えた!

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

絶対に見逃せない韓国ドラマの真髄!/トッケビ全集1

コン・ユの2つの主演映画がとても楽しみだ!

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る