コークを一緒に飲みたい男性はもちろんパク・ボゴム!

 

コカ・コーラといえば、日本では「スカッと爽やか」というイメージ。CMのキャッチコピーにも使われてきたフレーズだ。韓国の俳優で「爽やか」といえば、それはやっぱりパク・ボゴムが一番に違いない。

韓国コカ・コーラの秋のCMに登場したパク・ボゴム

映画『徐福』の撮影に集中

韓国のコカ・コーラは、一番ふさわしい広告モデルをよく知っている。
というのは、パク・ボゴムは2017年から、韓国のコカ・コーラで広告モデルを務めている。
彼は、まさにブランドイメージにピッタリの俳優なのだ。
そんなパク・ボゴムは、コカ・コーラが秋に宣伝するCMに颯爽と登場している。
この秋のテーマは「Coke & Meal 」。食事を楽しみながらコカ・コーラを飲もうというコンセプトだ。
実際、CMの中でパク・ボゴムはサラリーマンに扮し、同僚たちと一緒に食事と会話を
楽しみながら、コカ・コーラを飲んでいる。




撮影現場でも、パク・ボゴムは共演者たちと和気あいあいに会話をはずませた。その雰囲気はCMの全編を華やかに飾っているという。
今は映画『徐福』の撮影に集中しているパク・ボゴム。この秋も充実した毎日を過ごすことだろう。

パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

パク・ボゴムは魅力的な主演作より大学の卒業にこだわった!

パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

大物俳優が兵役を終えて続々復帰!刺激を受けたパク・ボゴムの動向は?

パク・ボゴムは『ボーイフレンド』で純粋な心を持った青年をどう演じた?

兵役を控えるパク・ボゴムにとって『徐福』主演の意味は大きい!

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る