『オクニョ』に出てくる典獄署(チョノクソ)は刑務所のこと?

 

『オクニョ 運命の女(ひと)』では、チン・セヨンが扮するオクニョが、16世紀の朝鮮王朝時代に典獄署(チョノクソ)で育った設定になっている。この典獄署とは、どんな役割を持った場所なのだろうか。




囚人をしっかり管理

現代的に言えば、典獄署は刑務所と同様だ。この典獄署の施設には多くの囚人たちが収監されていた。
組織から見れば、典獄署は朝鮮王朝時代に法務全般から刑罰までを仕切った刑曹(ヒョンジョ)という官庁に所属していた。
そして、拘束された囚人たちを管理し、裁判によって決まった刑を執行する役目を負っていた。
この典獄署で実務を担当する役人のトップは主簿(チュブ)と呼ばれた。その主簿の下に奉事(ポンサ)がいて、さらに下に参奉(チャムボン)という役人がいて業務を補佐していた。
その他に、書吏(ソリ)と羅将(ナジョン)という役職が典獄署にはあった。
なお、典獄署において役人の人数は、一応は以下のように決められていた。
・主簿(チュブ)……1人
・奉事(ポンサ)……1人
・参奉(チャムボン)……1人
・書吏(ソリ)……4人
・羅将(ナジョン)……30人
こうした役人たちが囚人をしっかり管理していた。




朝鮮王朝時代の刑罰は、重罪の順に言うと、「死刑」「遠方への流罪」「きつい重労働」「杖で叩く」「笞で打つ」となっていた。
こうした刑罰の中で、笞で打たれた人は収監されることはなかった。つまり、典獄署の監獄に入っていたのは「杖で叩く」という刑罰以上の人たちだった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
よみうりカルチャー北千住(03-3870-2061)で「韓流時代劇の理解が深まる古代から朝鮮王朝までの歴史解説」を開講。毎月1回ずつ3回シリーズで、韓流時代劇が描く歴史の世界を解説します。詳しいことは下のリンクを見てください。
https://www.ync.ne.jp/kitasenju/kouza/201910-01371907.htm

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

『オクニョ』に登場する一番の悪女は誰か?

『オクニョ』の史実!文定(ムンジョン)王后が明宗(ミョンジョン)の命を縮めた

『オクニョ』を通して朝鮮王朝の制度と王家の何がわかったのか?

『オクニョ』の悪徳夫婦の最期はドラマと違って史実ではどうだった?

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る