英祖(ヨンジョ)は粛宗(スクチョン)の息子でないという疑惑にビックリ!

 

ドラマ『ヘチ』で、チョン・イルが扮したのが朝鮮王朝の21代王・英祖(ヨンジョ)である。彼の母である淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ)は1718年に亡くなり、父の粛宗(スクチョン)も1720年に世を去った。そして、張禧嬪が産んだ王子が20代王・景宗(キョンジョン)として即位した。




衝撃的な告発書

景宗には子供がいなかった。もし景宗が世を去れば、異母弟であった英祖が自動的に王位を継承する。
実際、景宗は即位して4年で世を去り、英祖が21代王となった。
このとき、「英祖が兄を毒殺したのではないか」という噂が出て、国中が大騒動に巻き込まれる。
噂には根拠があった。
景宗が病床に臥せっているとき、主治医が「いけません」と反対したのに英祖は景宗にカニと柿と人参茶を差し出した。結局はそれらが病状を悪化させる原因になったと推定されている。
英祖は自分にとって都合の悪い噂を必死に打ち消すが、深刻な反乱が起きる。その反乱の告発書には「英祖は粛宗の子供ではない」「英祖が景宗を毒殺した」と書いてあった。まさに衝撃的な内容だったのである。




何をもって英祖が粛宗の息子ではないというのだろうか。
実は、2人はまったく似ていなかったという。
朝鮮王朝時代に「顔相」という顔の相を見る専門家がいたが、その専門家が見ても英祖は少しも粛宗に似ていなかったそうだ。
それが疑惑の根拠になった。
反乱は鎮圧されて、英祖はその噂を完璧に打ち消すのだが、その過程でかなりの人が処罰された。
仮に英祖が粛宗の子供でないとすれば、誰の子供なのだろうか。
たとえば、淑嬪・崔氏と愛人関係にあったという噂もある金春沢(キム・チュンテク)の子供ではないか……。
そういう推理も成り立つ。
もしそうであるならば、朝鮮王朝の王の系統が景宗までで途切れて、それからは金春沢の血筋になってしまう。




これは恐ろしいことである。
英祖は、自分の母親である淑嬪・崔氏の身分が低かったことに大変コンプレックスを感じていた。
(ページ2に続く)

英祖(ヨンジョ)は景宗(キョンジョン)のおかげで国王になれた!

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)の死後に後悔した!

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

韓国時代劇の「三大悪女」はいかにして成り上がったのか

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る