トンイは息子を王にするために何をした?

 

韓国時代劇『トンイ』の主人公となった淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏。彼女は、朝鮮王朝19代王・粛宗(スクチョン)の寵愛を受けた女性の1人である。いったい淑嬪・崔氏はどんな女性だったのだろうか。

粛宗との出会い

19代王・粛宗と出会ったとき、淑嬪・崔氏は水汲みなどの下働きをしていた。そんな彼女は、なぜ王の寵愛を受けるようになったのか。
もともと粛宗には仁顕(イニョン)王后という王妃がいた。
しかし、彼は女官として王宮に入ってきた張禧嬪(チャン・ヒビン)に心を奪われてしまう。
そうして王の寵愛を受けた張禧嬪は、1688年に息子の昀(ユン)を産んだ。それによって自分の息子を王にしたいという野望を持つようになった彼女は、王妃である仁顕王后を廃妃にさせて、空いた王妃の座に就いたのである。




王妃となった張禧嬪は贅沢三昧をしながら過ごすのだが、そんな幸せは長くは続かなかった。
(ページ2に続く)

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

トンイ(淑嬪・崔氏)が王宮入りした経緯が怪しい!

トンイ(淑嬪・崔氏)は陰で何を画策していたのか?

『トンイ』と史実!張禧嬪(チャン・ヒビン)の最期がまるで違う

実直な淑嬪・崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女列伝3

ページ:

1

2 3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る