浅草を気ままに歩く(後編)

影向堂のローソク

A-4

本堂の西にある影向堂

本堂の西側にまわる。すぐ目に入るのが、元禄六年(一六九三年)に千人近い信徒によって建立されたという唐銅製の阿弥陀如来像。私にとっては、浅草でお参りする回数が二番目に多い銅像である。一番多いのは伝法院通りにある水子地蔵。母がよく参拝していたので、私もそれにならった。
今は阿弥陀如来像の前に立ち、賽銭箱に小銭を入れてから「南無阿弥陀仏」と唱える。あわてて言うと早口言葉のように口が回らないがら、心掛けてゆっくり言う。それでも、「南無阿弥陀仏」は言いにくい。「ナミュアミュダブツ」になってしまう。それでもいいと腹をくくる。
さらに西に向かうと影向堂(ようごうどう)がある。このお堂は、もともと本堂の南東にあったそうだが、浅草寺の中興の祖ともいえる慈覚大師円仁(えんにん)の生誕千二百年を記念して、現在の場所に再建されたという。
堂内の本尊は聖観世音菩薩。ここでは参拝客が火を付けたローソクを供える。なんでも、火は日照りを防ぐとか。現在なら、女日照りの人にも勧めてみようか。
母が存命のとき、私が浅草寺にお参りに行くと言うと、かならず「影向堂でローソクを供えなさい」と言われた。その教えを今も守っている。元旦にはかならず家族四人で参ってそれぞれがローソクを供える。
今日の私は一人。五十円を箱に入れて小さなローソクを一本取り、金属製の杭がたくさん付いた透明の箱の中に入れる。そこには種火となる大きなローソクがあり、そこでローソクに火を付けてから、空いている杭に差す。
いつもの手順を終えてから祈願した。こんなささいなことでも、ひと仕事やり終えた実感が沸く。
影向堂を出ると、南西方向に淡島堂(あわしまどう)がある。江戸時代から女性の守り神として信仰を集めたそうで、今でも二月八日に針供養が行われている。(ページ3に続く)

ページ:
1

2

3 4 5

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…
  3. 関ケ原といえば、天下分け目の決戦の代名詞。古戦場は東海道線の関ケ原駅から近い。東…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る