愛と別れの恋愛博物館〔第3回〕

希望の星となったダイアナ嬢

チャールズ皇太子が正式にプロポーズしたのは、1981年の2月である。そのとき、ダイアナ嬢は友人とオーストラリア旅行にでかける直前だった。

バッキンガム宮殿での2人きりのディナーだった。

「大変なことになるけれど、よく考えてみてくれないか」

「信じています。何も疑わずに……」

ダイアナ嬢はためらいもなく、そう答えた。

ダイアナ嬢がオーストラリア旅行に出かけてからは、チャールズ皇太子は軍事計画なみに婚約の秘密保持に努めた。

もちろん、オーストラリア旅行中のダイアナ嬢には厳重な警備がついた。

チャールズ皇太子はどうしてもダイアナ嬢の声が聞きたくなって、オーストラリアに電話をした。電話に出たのは警備官だったが、あっけなく「ダイアナ嬢は、皇太子以外の電話に出ないと言っています」と言われてしまった。

「私が皇太子だ」

「何か証拠がありますか」

「証拠? 君は私の声を知らないのか」

「声を真似ることは簡単ですから……」

こんな具合で、警備官は電話を取り次いでくれなかった。

2月24日、エリザベス女王から婚約が発表されると、国民は熱狂的に“新しい未来の妃”を歓迎した。ちょうど戦後最悪という250万人の失業者発表と重なったが、暗い話題が多かったイギリスにとって、明るい希望を感じさせる久々のビッグ・ニュースとなった。

金髪で長身の美人というのもさることながら、直前まで幼稚園の先生をしていたという庶民性も大いに人気を集めた。ダイアナ嬢は「イギリス王室初めての、自分でお金を稼いだことのある皇太子妃」になろうとしていた。(ページ5に続く)

ページ:
1 2 3

4

5

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る