歴史探訪!日本の古戦場〔第3回/関ケ原〕

 

関ケ原といえば、天下分け目の決戦の代名詞。古戦場は東海道線の関ケ原駅から近い。東海道新幹線に乗っているときも、広々とした関ケ原がよく見える。この場所で1600年に日本の歴史が大きく変わったのだ。

広々とした関ケ原を望む

広々とした関ケ原を望む

_MG_4103

「関ケ原古戦場」の碑が建っている

_MG_4104

ここが開戦地である

序盤は西軍が優勢

関ケ原の戦いは、東軍と西軍が対峙する中で、1600年9月15日の午前8時に始まった。

当時、深い霧がたちこめていたが、徐々に霧が晴れていった。

前線で激しく戦ったのは東軍の福島正則軍と西軍の宇喜多秀家軍。1万7千の宇喜多秀家軍の攻めは凄まじく、6千の福島正則軍は劣勢を強いられた。

黒田長政と細川忠興の軍勢は、笹尾山に本陣を置く石田三成を狙った。

しかし、石田三成の軍勢は手ごわい。猛将として知られる島左近に率いられ、鉄の結束で相手を蹴散らした。

三成の僚友である大谷吉継が率いる軍勢は、藤堂高虎軍を一気に追い詰めた。このように、序盤は西軍が優勢であった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る