黒猫ミネットのおてんば日記(2016年8月18日)

1471477557368

新しいおもちゃに夢中

8月17日、ミネットに魚の形をした新しいおもちゃを与えた。それを箱から出そうとしていると、ミネットが「早く、早く」と前足を伸ばしてきた。しかし、待ちきれなかったようで、最終的には自分で箱をガッチリつかんで中身を取り出そうとしていた。結果的に自分で出すことはできなかったようだが……。

そのおもちゃをミネットに渡すと、さっそく遊び始めた。何度も繰り返し噛んだり、前足で弾いては追いかけたりしていた。さらに遊び疲れて休んでいるときも、自分の近くに置いていたので、相当気に入ったらしい。

新しいおもちゃを見たときのミネットは、急激にテンションが上がる。おとなしく抱っこされているときに新しいおもちゃを見せると、いきなり「離して」という感じで鳴いた後にちょっと暴れる。そして離してあげると、おもちゃに向かって一直線に走っていくのだ。

夢中になっているミネットは見ていて飽きない。しかし、おもちゃで遊んでいるからと言って安心はできない。夢中になり過ぎてミネットが危ないところに行かないように、細心の注意を払わなければならない。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る