康熙奉(カン・ヒボン)のワガママ散歩14「千葉県・佐原」

 

江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当に、古き時代にタイムスリップしたかのような雰囲気にひたれる。何度でも訪れたい町である。

川沿いに古い町並みが続く

江戸時代にタイムスリップしたかのようだ

伊能忠敬の旧宅

昔の住宅がよく保存されている

伊能忠敬の旧宅

上野から京成線で成田駅まで行き、そこで下車して徒歩3分でJR成田駅に着いた。ここから成田線に乗って銚子方面に行くと30分で佐原駅に到着した。
お目当ての古い町並みは、駅から歩いて10分ほど。川の両側に伝統的な日本家屋がビッシリと立ち並んでいる。
「よくぞ、ここまで保存していたものだ」




そう感心するが、ときどき古い家屋の間に興ざめの現代家屋がまじる。それも仕方がない。町は生きているのだから、住んでいる人の事情でコンクリートの家にもなってしまうだろう。
それでも、川沿いに続く伝統家屋の町並みは壮観である。訪れたのは平日だったが、それでもかなりの人出だった。週末になると、多くの人で賑わうことだろう。
歩いていると、伊能忠敬の旧宅があった。
伊能忠敬と言えば、江戸時代に日本全土を訪ね歩いて測量し、日本地図を作成した人である。この佐原の出身とは知らなかった。(ページ2に続く)

東京・亀戸でホルモンを食べて生きている喜びに酔う

康熙奉(カン・ヒボン)のワガママ散歩1「横浜中華街」

物好き同士で廃城跡に行ってみよう〔第1回/安土城〕

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る