〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

長く演技できる俳優でありたい

実際のイ・ジュンギはどういう人間なのだろうか。
マスコミの間で彼は「人が好きで、酒好きで、明るい性格で、自分の考えを正確にアピールできる人」と評されているが、イ・ジュンギも「実際にそうです」と認めている。
「インタビューのときは、本当に秘密にしなければならないプライベートな部分の20%だけを除き、すべてをオープンします。インタビューでの姿が本当の僕だと思ってくれればいいですね」
ここまで本人が言い切ってしまうと、イメージ管理をしなくても大丈夫なのかと周囲が心配するほどだ。




それでも、イ・ジュンギはきっぱりと言う。
「かつてイメージ管理というものもやってみましたが、やればやるほどファンと離れていくような気がして嫌になりました。スターとしていられるためには、もう少し自分を神秘的に飾ったり、何かを隠したりしたほうがいいかもしれませんが、僕が夢見てきたのは長く演技できる俳優であって、決してスターではなかった」
このようにキッパリと言うイ・ジュンギ。その姿勢はずっと変わらないと彼は断言している。
「演技を長くするためには、ファンと離れてはいけないんです。身近で頼もしいイメージを作るのは大変難しいのに、自ら離れていく道を歩む必要はないと思います」
イ・ジュンギのこの言葉の中に、ファンが愛する理由がある。

文=朴敏祐(パク・ミヌ)+「ロコレ」編集部

記事提供:「ロコレ」http://syukakusha.com/

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

光宗(クァンジョン)!高麗王朝4代王の実像

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

ヒョンビンとソン・ジュンギ!兵役で名をあげた俳優

ページ:
1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る