朝鮮王朝で一番美しい王女と呼ばれた敬恵(キョンヘ)王女

子供には罪がない

1468年、世祖は51歳で世を去った。その直後に、高官たちから敬恵王女の子供を処罰すべきだという上訴が起きた。
しかし、世祖の後を継いだ8代王・睿宗(イェジョン)は、処罰を絶対に許さなかった。それは世祖から託されていたことでもあった。
この睿宗は在位わずか1年で急死した。後継の9代王には12歳の成宗(ソンジョン)が就いた。年少だったので、貞熹王后が代理で政治を仕切った。
当時の法によれば、大逆罪に問われた者の息子は15歳のときに死刑に処されることになっていた。そして、敬恵王女の息子がまさに15歳になろうとしていた。




その機をとらえて、高官の間から再び「処刑すべし」という上訴があった。しかし、成宗は祖父である世祖の意思を根拠にして、それを許可しなかった。
貞熹王后も同じ意見だった。
「今後、同じような上訴をした者は厳罰に処する」
貞熹王后はそう言って、敬恵王女の子供に罪がないことを明確にした。
そればかりか、貞熹王后は鄭眉寿にりっぱな役職を与えて、その後見人となった。そのことを見届けてから、敬恵王女は38歳で亡くなった。
後に鄭眉寿は官僚として大いに出世を果たし、妹も良家に嫁いだ。敬恵王女の子供たちは、母親の願いどおりに幸せな人生を送ったのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

敬恵(キョンヘ)王女の波瀾万丈な生涯!

文定(ムンジョン)王后ほどの悪女が他にいたのか

仁粋(インス)大妃の命を縮めたのが孫の燕山君(ヨンサングン)だった

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

貞明(チョンミョン)公主!苦難を乗り越えて大地主になった王女

「巨悪の朝鮮王朝三大悪女」は誰なのか?

ページ:
1 2 3

4

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る