これが冬の新しい定番!韓国コスメ・ファンデーション

バーム・ファンデ

クリームタイプのファンデーションをバーム状に固めてパクトに盛り込んだタイプ。
コンパクトを開けると渦巻き模様のエッセンスを練り込んだバームがお花のように見えます。これをパフかブラシに渦巻きを描くようにとり、肌に伸ばしていきます。
伸びがよく すっと肌に馴染んでフィットし、ナチュラルな美肌に仕上がります。
水分エッセンスを圧縮したバームタイプのファンデはお肌の表面を均等にカバーし、軽く密着して滑らかな肌のキメを演出します。




この優れた密着度と美容成分が人気の秘密。くすんで乾いた肌に水分感を与えてしっとり透明感のあるお肌を完成してくれます。
マットな使用感に加え、自然なツヤ感が出るので、薄づきで厚塗り感もありません。ブラシを使って細かい凹凸にも対応し、プロの仕上がりに!
韓国の女優やモデルに人気が出て、最近では美容番組やSNSで紹介されて話題になっています。
手早く細やかな仕上がりができるバーム・ファンデは、冬の肌も丁寧に輝かせたい乾燥肌の方にオススメ。
いかがでしたか?
この冬、ワンランク上のメイクで輝きませんか?

Text By YooMin Kang

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

ハリウッド・セレブのビューティー・シークレット〔絶妙ヒント編〕

アメリカ発!5歳若く見えるアイテム5〔フェイス編〕

イギリス発!冬のドライ肌に要注意(毎日ケア編)

ページ:
1

2

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る