おいしい海鮮スンドゥブチゲと野菜テンコ盛りで栄養も満点!

 

冬こそ栄養が必要。風邪に負けないカラダを維持するためにも、体力がつく栄養素が欠かせない。そんなときにぜひお勧めなのが海鮮スンドゥブチゲだ。韓国料理店で食べてもいいし、自分で作ってもオーケー。おいしい海鮮スンドゥブチゲで、寒い季節を乗り切っていこう。

栄養素をチェック!

まずは、海鮮スンドゥブチゲの栄養について。
豆腐には、タンパク質、カルシウム、鉄分が豊富に含まれている。
また、無駄なカルシウムが骨から溶け出すのを防ぐビタミンKが含まれているのもありがたい。大豆製品の特徴成分の大豆サポニンは、血液中の中性脂肪やコレステロールを抑え、肝臓の機能を保護する働きがある。




それから、海鮮スンドゥブチゲのポイントになるアサリ。これは、鉄とビタミンB12が豊富で貧血予防にぴったり。さらに、アサリにはカルシウムの働きを助けて血栓の形成を防ぐマグネシウムなどのミネラルもたっぷりだ。
さらに、イカ、ホタテ、タコなどの魚介類には、タウリンが豊富。
タウリンには、からだの各機能を高めて疲労回復や病気・ストレスに対して抵抗力をつけたり、悪玉コレステロールを下げて血管をしなやかに保つ効果がある。(ページ2に続く)

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

いま始める!「快適ダイエットの7つの習慣」

カラーフード!カラダにも良いキレイ色の野菜&フルーツ

ページ:

1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る