パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

華やかに甦った若者

韓国の時代劇は、歴史に埋もれた重要な人物を掘り起こすという効果を持っている。
事実、光海君(クァンヘグン)にしろ英祖(ヨンジョ)にしろ、時代劇によって評価が高まった王もいる。
また、短命に終わって惜しまれる人物を再び世に送り出す役割も果たしている。その1人がイ・ヨンだ。




歴史書によると、彼は幼いころから大変聡明で容姿も優れていた。そして、18歳で政治の一部を代行したときは人事で巧みな手腕を見せ、王宮の儀式も整備した。さらには、文学や舞踊の面でも優れた業績を残している。
こうした人物をパク・ボゴムが演じたことによって、その話題性はさらに高まった。
パク・ボゴムと言えば、若手を代表する正当派のイケメン俳優。瑞々しい感性と羨ましいほどの容姿を持っている。
そういうパク・ボゴムがイ・ヨンを演じたことによって、歴史に埋もれていた若者が華やかに甦った。
まさに、『雲が描いた月明り』でパク・ボゴムが演じたイ・ヨンは、当代随一の当たり役になったと言える。

文=「ヨブル」編集部

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

イ・ヨンは祖父のイ・サンのような名君になる素質があった!

これから『雲が描いた月明り』を見る人のための歴史ガイド!

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る