イ・ヨンは祖父のイ・サンのような名君になる素質があった!

 

『雲が描いた月明り』で、颯爽とした姿で登場したイ・ヨン。この主人公をパク・ボゴムが演じていたが、イ・ヨンは史実で孝明世子(ヒョミョンセジャ)としてよく知られている。名君として有名なイ・サンこと正祖(チョンジョ)の孫であった。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより

純祖の長男が孝明世子

1776年に即位して、数々の業績を上げて名君として讃えられた正祖。彼は、1800年に亡くなって、息子の純祖(スンジョ)が後を継いで23代王となった。そのとき、純祖は10歳だった。
しっかりした英才教育を受けて即位した純祖であったが、父のような優れた政治を行なうことはできなかった。




むしろ、正室の実家である安東(アンドン)・金(キム)氏の一族に政治を牛耳られて、思うような統治ができなかった。そのあたりは、『雲が描いた月明り』でもよく描かれていた。
あのドラマに登場する王は純祖がモデルになっているが、決断力が弱く、高官たちの言いなりになる場面が多かった。その純祖の長男として1809年に生まれたのが、イ・ヨンこと孝明世子である。(ページ2に続く)

これから『雲が描いた月明り』を見る人のための歴史ガイド!

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

俳優チャン・グンソクは『テバク』で何を得たのか

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る