韓国が日本の植民地になった歴史的経緯とは?

 

1910年に朝鮮王朝が倒れ、朝鮮半島は日本の植民地になりました。以後、1945年に日本が戦争で敗れるまで、日本が朝鮮半島を統治しました。なぜ、そのようなことになったのでしょうか。歴史をさかのぼって、朝鮮半島が日本の植民地になった経緯を振り返ります。

江華島事件

1607年に徳川幕府と朝鮮王朝の間で善隣友好関係が始まり、以後、江戸時代に朝鮮通信使が12回来日して両国は良好な外交を維持しました。しかし、19世紀の半ば、雄藩の跋扈(ばっこ)と欧米列強の外圧で徳川幕府の衰退が著しくなりました。一方の朝鮮王朝も、凶作が続いていたにもかかわらず国王の外戚が政治を牛耳り、国内が混乱するばかりでした。
そんな状況の中で、先に倒れたのが徳川幕府でした。1867年10月、15代将軍の徳川慶喜は大政を朝廷に奉還しました。264年も続いた徳川幕府が終わったのです。
翌年早々に戊辰戦争が起こり、日本国内が内乱状態になりましたが、その年の秋には旧幕府軍がほぼ一掃されました。
新しく誕生した明治政府は、1868年10月に明治天皇の国書を朝鮮王朝に渡しましたが、その文面に対して朝鮮王朝が「礼を失している」と激怒し、国書の交換を拒否しました。




もともと、善隣関係を維持した徳川幕府を倒した明治政府に対して、朝鮮王朝は良い感情を持っていませんでした。そこに国書問題も起こり、朝鮮王朝と明治政府は断交状態に陥りました。
当時の明治政府は、幕末に欧米列強と結んだ不平等条約の数々に困惑していました。それらは、武力の威嚇に怯えた徳川幕府が不本意ながら強制された条約ばかりでした。
しかし、富国強兵路線を歩んだ日本は、ついに朝鮮半島での権益を狙い始めます。つまり、欧米列強が日本に対して行なった「武力による威嚇」という手法を、今度は日本がアジア諸国に対して行なおうとしたのです。
先兵のように動いたのが軍艦の雲揚号でした。
この雲揚号が1875年9月に、朝鮮王朝の国防の拠点とも言える江華島(カンファド)の沖で挑発的な行動を取りました。朝鮮王朝側も応戦し、局地的な軍事衝突が起きました。これが江華島事件です。(ページ2に続く)

両班(ヤンバン)とは何か

朝鮮王朝最高の名君だった世宗(セジョン)

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

朝鮮王朝で一番美しい王女と呼ばれた敬恵(キョンヘ)王女

ページ:

1

2 3 4

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る