兵役に入るチャン・グンソク!代表作に『テバク』を推す理由

覚悟が備わっていた

韓国では2016年3月28日からSBSで『テバク』の放送が始まった。
第1話の冒頭の場面。雪が強く降る中で、成人したテギル(チャン・グンソク)が、反乱を起こす李麟佐(イ・インジャ/チョン・グァンリョルが扮している)と厳しく対峙していた。
このときのチャン・グンソクの演技は迫力があった。
「今までとは違う」
多くの視聴者がそう思ったことだろう。
何が違ったのか。一言で言えば「覚悟が備わっていた」ということだ。
「この『テバク』で評価を得られなければ俳優をやめざるをえない」




そんな切羽詰まった“背水の陣”をチャン・グンソクが匂わせていた。ドラマでは、凍えるような寒さの中で精悍な表情を見せていたが、そのときに感じられた強い意志は、チャン・グンソク自身の決意の表れだったのだ。
このように、彼の覚悟を見せつける場面は『テバク』には随所にあった。
たとえば、第4話のエンディング。テギルの父親が息子を守るために命を落とし、それを契機にテギルは生まれ変わり、蛇に必死に食らいついて野人のように生きていく。
まさに極限状態に置かれたテギルをチャン・グンソクは体当たりで演じた。
かつて「ラブコメの貴公子」と呼ばれた華麗な姿はない。
むしろ、ドロくさくて粗野だ。しかし、そんな姿をさらしてまで、チャン・グンソクは『テバク』に賭けていた。(ページ3に続く)

ファイティン!最年長として新兵訓練を受けるチャン・グンソク

チャン・グンソクが兵役入り!かつての韓流四天王の兵役は?

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

チャン・グンソクがなる社会服務要員の役割とは何か

芸能人の兵役が気になったらまず知るべき基本知識!

ページ:
1

2

3 4

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る