見つけた!知られざる「龍門の滝」

幅が65メートルほどある

見ているだけで気分が爽快になる

天然のクーラー

川の水がしぶきをあげて落ちる様は、本当にダイナミックで壮観だ。
さらに遊歩道を降りていくと江川に出て、目の前に「龍門の滝」が見える。
その高さは20メートルで、幅が65メートル。
川の水が糸を引くように幅広く落ちている。その滝の前では、子供たちが水に足をつけて遊んでいる。




今年は、どこも炎熱のような暑さだったが、ここは本当に涼しい。
心地よい風も吹いているし、川のしぶきもかすかに届いてきて、まるで天然のクーラーを浴びているかのようだ。
この「龍門の滝」は、これほどすばらしいのに実はあまり知られていないように思える。本当にもったいない。
栃木県に行って時間があるときには、ぜひ「龍門の滝」を見てほしい。

青春18きっぷ!最高の景色を求めて行く高原の旅(前編)

青春18きっぷ!最高の景色を求めて行く高原の旅(後編)

浅草を気ままに歩く(前編)

ブラリ散策に役立つ「新大久保の歩き方」

康熙奉(カン・ヒボン)のワガママ散歩10「南紀ローカル線」

ページ:
1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る