チーズがたっぷり入ったプデチゲが旨い!

東京駅から徒歩3分の韓国家庭料理「とうがらし」

チーズとプデチゲの相性がいい

まろやかなプデチゲ

ナムルの盛り合わせ、キムチの盛り合わせ、オジンオポックム(イカの辛い炒めもの)などを食べたあと、いよいよプデチゲに移った。
鍋の上にチーズがたっぷりのっている。まさに、チーズプデチゲだ。
食べてみると、味がとてもまろやかになっていて、辛味が甘く感じられるほどだった。




韓国に行ったときは各地でかならずプデチゲを食べるが、この「とうがらし」でチーズプデチゲを食べると、本場以上の旨さが口の中に広がっていく。
さらに、ソーセージ、キノコ類、ラーメンもチーズの味と絡まって実にマイルド。チャミスルを飲みながら、こんなに美味しいプデチゲを食べられるのは幸せなことだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

キムチを入れるとチーズタッカルビが本当においしい!

〔紹介〕作ってみよう!キムチチゲ

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

〔紹介〕作ってみよう!スンドゥブチゲ

おいしい海鮮チヂミの作り方

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る