燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)!王朝を混乱させた2人の王

中宗の責任

中宗は周囲にかつがれて王になったので、クーデターを成功させた高官たちに頭があがらない。
それなのに、高官たちは中宗に対して「王妃と離縁してほしい」と迫ってきた。
王妃の端敬(タンギョン)王后は燕山君の妻の姪であり、父親も燕山君の側近だったからだ。端敬王后の親族には燕山君と関係が深い人があまりに多かった。
しかし、中宗は承服できない。彼は、「自決しようとしたときに助けてくれた愛妻となぜ別れなければいけないのか」という心境だった。
中宗は国王なのだから、臣下が何を言ってきてもつっぱねればよかった。




ところが、中宗は気が弱いというかはっきりしない性格で、最後は端敬王后の廃妃に同意してしまった。
そんな中宗は端敬王后を離縁したあと、二番目の正妻として章敬(チャンギョン)王后と再婚したが、彼女は息子を産んですぐに亡くなってしまう。
そこで、中宗は三番目の王妃として文定(ムンジョン)王后を迎えた。これが朝鮮王朝にとって不運だった。なにしろ、文定王后というのは、朝鮮王朝でも一番の悪女といえるような人で、平気で非道なふるまいを繰り返した。
そんな悪行を中宗は見て見ぬふりをした。そういう点で、中宗にも朝鮮王朝の政治を腐敗させた責任の一端がある。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

燕山君と中宗について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

中宗(チュンジョン)!優柔不断な国王

張緑水(チャン・ノクス)!朝鮮王朝三大悪女の浪費ざんまい

燕山君(ヨンサングン)が廃位となり中宗(チュンジョン)が王になった!

燕山君(ヨンサングン)の側室の張緑水(チャン・ノクス)は朝鮮王朝三大悪女で一番強欲!

最悪の暴君と呼ばれた燕山君(ヨンサングン)は何をしたのか

ページ:
1 2

3

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る