傑作ドラマは厳しい制作環境の中で作られる/なるほど韓ドラ1

第1回 韓国ドラマの制作スタイル




過労が重なる

韓国のMBCは、「ドラマのMBC」と呼ばれるほど大ヒットしたドラマをたくさん放送しているが、同局のプロデューサーがこう語ったことがある。
「スタッフがドラマの撮影中に倒れて応急室に運ばれていくのはよくあることなので、特に誰も気にすることはない」
この言葉は、制作現場のスタッフの過労が恒常化していることをうかがわせる。
韓国ではひとつのドラマを完成させるまでに、カメラや音声、照明、メイクなど、多いときで約80人ものスタッフが携わる。
しかし、放送局の社員はごくわずか。そのほとんどが、ドラマ制作会社に所属する非正規社員か、フリーランスの人間だ。
こうしたスタッフたちは、放送局から事故やケガなどに対するしっかりとした補償も受けられないまま、過酷な労働を強いられる。
俳優も例外ではない。撮影中に俳優が過労で倒れるケースは多い。




見かねたパク・シニャンがこうアピールしたことがあった。
「42時間も休まずに撮影を続けるという、俳優とスタッフを酷使する非人間的な撮影環境は改善されるべきだ」
はっきりとこう言えるのも、パク・シニャンが大物で力を持っているからだ。そうでない俳優は泣き寝入りだ。
(ページ2に続く)

除隊日情報!2019年上半期は大物芸能人の除隊ラッシュになる

パク・ボゴムの謙虚さを見ていると誰もが応援したくなる

芸能人が不祥事を起こさないために必要なことは?

「世界で最も美しい顔100人」に韓国芸能界から選ばれた17人とは?

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

ページ:

1

2 3

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る