兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?(再読版)

 

あこがれの韓流スターが兵役に入ると、ファンは「もしやイジメられたり、暴力を受けるのではないか」と心配しがちだ。兵役の事情がわからないと、なおさら心配は大きくなる。果たして、実際はどうなのだろうか。




過剰な心配は無用

芸能人が兵役に入ると、彼らはとても目立つ存在なので、ファンが「いじめられるんじゃないか」と心配するのも無理はない。
しかし、それは杞憂というものであろう。
そもそも、芸能界のスターが兵役中にイジメや暴力を受けたという事例はほとんど明らかになっていない。
もちろん、軍隊の中で起こったことは秘匿されるので、まったくなかったとは言えないが、少なくとも、ここ10年ほどはそういう事実は報告されていない。
それだけに、ファンも過剰に心配しなくても大丈夫だと言える。
むしろ、スターは兵役中に特別待遇を受けることがある。それは、どういうことなのだろうか。
なんといっても、スターは兵役の広報に最適な存在なのである。




最近の韓国軍は「開かれた軍隊」というスローガンのもとで、イメージアップに力を入れている。
その際に効果的な存在になっているのが兵役中のスターたちだ。彼らは軍の広報イベントにも積極的に参加して、元気な姿を見せてくれる。
それほど貢献が大きいだけに、仲間から称賛されることはあっても、いじめられたりすることは考えにくい。
(ページ2に続く)

総まとめ/2019年上半期の兵役スター除隊予定日は?

義務警察は2023年までに廃止される!

兵役で社会服務要員になった芸能人はなぜ批判されやすいのか

「芸能兵」の廃止が芸能人の兵役にどう影響したのか

兵役で軍楽隊に入る芸能人が多いのはなぜ?

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る