兵役で軍楽隊に入る芸能人が多いのはなぜ?(再読版)

 

最近は芸能人が兵役に入った場合に、軍楽隊で軍務を行なう例が多くなっている。その背景にはどんな理由があるのだろうか。ここで改めて軍楽隊について説明していこう。

写真=韓国陸軍公式サイトより




軍楽隊のイメージがいい

「芸能兵」の制度が2013年に廃止されて以降、軍楽隊は芸能人が軍務をこなすうえで最適な部隊とも言われてきた。
確かに、K-POPのスターにとってみれば、兵役期間中にもずっと音楽に親しむことができるのはありがたい。
さらに、兵役に入ったらファンと交流ができないと覚悟していたのに、軍楽隊が民間支援でイベントに出たときには、ステージ上で自分のパフォーマンスを披露することができる。自分の能力を生かせる場を軍隊の中で見つけたという意味では、このうえもない喜びだろう。
しかも、東方神起のユンホが軍楽隊で大活躍して脚光を浴びた。そういう例も軍楽隊のイメージを大いに向上させている。
さらに言うと、芸能人が兵役に入るとき、現役兵の代替服務制度として義務警察に入ることもよくあったのだが……。




軍楽隊の種類

義務警察をめぐる状況が大きく変わってきている。
実は、義務警察は2023年までに廃止されることが決まっており、現在は段階的に人数を減らしている。
こういう状況では、芸能人が義務警察に入る割合が減るのは仕方がないことだ。
それだけに、ますます軍楽隊がクローズアップされており、それをめざす芸能人も増えているのだ。
なお、ひとくちに軍楽隊といっても、陸軍、海軍、空軍で編成内容が違ってくる。
たとえば陸軍の軍楽隊には3種類ある。




具体的に言うと、A級軍楽隊、B級軍楽隊、C級軍楽隊ということになる。
A級軍楽隊は、陸軍本部、陸軍士官学校、首都防衛司令部などに所属する。
隊員は50人以上で構成されており、音楽大学などで専門的に音楽を学んできた人たちが中心である。
(ページ2に続く)

総まとめ/2019年上半期の兵役スター除隊予定日は?

超解説!兵役で入る軍楽隊とは何か?

韓国の兵役で入る軍楽隊はどんなところ?

芸能人の兵役は一般の人より厳しくチェックされる!

除隊が近づくと芸能人は部隊でどう過ごしているか

義務警察は2023年までに廃止される!

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る