INFINITEのドンウが入隊した青星部隊(第6師団)とは?

 

INFINITEのドンウが4月15日に第6師団の新兵教育隊に入隊して兵役をスタートさせた。この第6師団は「青星部隊」としてよく知られている。数多い部隊の中で青星部隊はどんなところなのだろうか。




有名な部隊

青星部隊(第6師団)は、1950年に始まった朝鮮戦争で輝かしい戦歴を挙げた部隊である。
朝鮮戦争のときは国連軍が韓国軍と一緒に戦ったのだが、国連軍は師団のことを「ブルースター(青い星)」と愛称をつけて呼んでいた。
それにならって、朝鮮戦争でもっとも重要な働きをしていた第6師団が青星部隊と呼ばれるようになった。
現在、青星部隊は江原道(カンウォンド)の鉄原(チョロン)郡に駐屯している。
場所はソウルから東北側に80キロほどの距離で、車で行くと2時間半ほどだ。
鉄原郡と言えば、韓国軍の軍事上で最重要な地域である。なぜならば、鉄原郡は朝鮮戦争のときに最大の激戦地になった場所であり、もし北から攻めてきたときにソウルの重要な防波堤になる。




そこで鉄原郡には、青星部隊という強力な部隊が駐屯している。
この青星部隊の新兵教育隊で5週間の訓練を終えた人は、そのまま青星部隊で軍務を続ける人が非常に多い。
(ページ2に続く)

総まとめ/2019年上半期の兵役スター除隊予定日は?

芸能人が兵役で入ることが多い「義務警察の広報団」とは何か

芸能人の兵役は一般の人より厳しくチェックされる!

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

新兵訓練では一番最初に何をするのか

新兵訓練でみんなが一番いやがるのが化学ガス訓練!

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る