芸能界のスターにも大きく影響する「兵役の三大変化」とは?

 

最近は兵役に入る芸能人がとても多くなっている。その兵役だが、大きな変化が起きている。その変化とは、「延期の制限」「期間の短縮」「義務警察の廃止」の3つだ。順に説明していこう。




短縮は段階的に行なわれる

韓国の兵役の場合、入隊は30歳まで延期することができた。しかし、この兵役延期は主に学業に就いている人のための措置であり、誰でも無条件に延期できるというわけではなかった。
そして、芸能人の場合は、その活動の重要性が認められて30歳まで延期できるケースが多かったのである。
しかし、兵役を管轄している兵務庁は、今後は28歳以降の兵役延期について厳しい姿勢を見せると明らかにしている。
つまり、28歳以降の兵役延期が、たとえ芸能活動が理由としても認められないケースが出てくるのだ。
そうなると、それ以前に入隊しなければならなくなる。事実、最近の芸能人は27歳か28歳で入隊するケースが多くなっている。
今後もこの傾向が続くだろう。




次は、兵役期間の短縮について。
従来の兵役期間は陸軍の場合で21カ月だった。しかし、2018年10月からは、21カ月が18カ月に短縮されることになった。
しかし、すぐに3カ月の短縮が実現しているわけではない。これは段階的に行なわれている。
そして、2020年6月15日以降に入隊する人から完全に兵役が18カ月になる。それまでは、入隊した日によって短縮期間が異なってくる。
(ページ2に続く)

芸能人の兵役延期のリミットは今や28歳?

芸能人の兵役は一般の人より厳しくチェックされる!

朗報!社会服務要員の兵役期間が21カ月に短縮となる

「芸能兵」の廃止が芸能人の兵役にどう影響したのか

義務警察は2023年までに廃止される!

総まとめ/2019年上半期の兵役スター除隊予定日は?

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る