傑作時代劇で知られる超有名な「5人のヒロイン」とは?

 

韓国時代劇といえば、厳しい境遇の中で苦労しながら努力して成長する女性主人公を描いた傑作が多い。そんな作品の主人公となっていた女性の中から、とても有名な5人をピックアップしてみよう。




最初にこの3人

◆仁粋(インス)大妃
〔1437~1504年〕
7代王・世祖(セジョ)の長男・懿敬(ウィギョン)の妻。懿敬は世子だったので、本来なら王妃になるはずだったが、懿敬が19歳で夭逝したために叶わなかった。しかし、彼女が産んだ二男が9代王・成宗(ソンジョン)となり、王の母にあたる“大妃”となって絶大な権力をふるった。しかし、孫の燕山君(ヨンサングン)に暴力をふるわれ、それが原因で亡くなった。

◆長今(チャングム)
〔生没年は不明〕
『朝鮮王朝実録』の記述に登場する伝説的な医女。16世紀前半、11代王・中宗(チュンジョン)のそばで治療にあたり、中宗の長男を出産時にとりあげたとされている。王族女性の侍医としても非常に有能であったと思われる。彼女を主人公にして時代劇『宮廷女官 チャングムの誓い』が制作された。




◆黄真伊(ファン・ジニ)
〔生没年は不明〕
10代の頃には、あまりの美貌に求愛する青年が続出したという。中には、恋煩いの末に亡くなった人も出た。そうしたことに心を痛めて、妓生(キセン)になったと言われている。すばらしい芸術性に恵まれ、詩歌や舞踊の才能が卓越していた。時代劇『ファン・ジニ』のモデルとなったが、その詩歌は韓国の教科書に載るほど著名だ。
(ページ2に続く)

決定版!朝鮮王朝を揺るがせた「5人の悪女」

大妃(王の母)になって極悪人と化した「3人の巨悪王妃」とは誰か

国王よりも強かった「女傑の五大王妃」は誰か?

理不尽な仕打ちを受けた「悲惨な五大王妃」とは?

朝鮮王朝で業績を残せなかった「5人の国王」とは誰か

国王になれなかった「悲劇の五大世子」とは誰か

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る