実直な淑嬪・崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女列伝3

 

ドラマ「トンイ」のモデルとして有名な淑嬪(スクピン)崔(チェ)氏は、19代王・粛宗(スクチョン)の側室で、21代王・英祖(ヨンジョ)を産んだ生母である。しかし、淑嬪崔氏について書かれた資料は少なく、確実なのは、出生が貧しいということだけだ。彼女は、いったいどのような女性だったのでしょうか。

側室となったきっかけは?

貧しい出自から19代王・粛宗の側室にまで上りつめた淑嬪崔氏。典型的な“シンデレラストーリー”だが、そのきっかけに関しては有力な説が2つある。
1つは、7歳の頃から宮廷の洗濯や雑事をするムスリという仕事に就いていて、その間に粛宗と関係を持ったという説。もう1つは、粛宗の二番目の正室(継妃)である仁顕王后(イニョンワンフ)のお付きとして、宮廷に入ったという説だ。ここでは後者の説に立って、生い立ちを紹介しよう。
淑嬪崔氏は幼い頃、両親と死別して孤児として育った。そんなある日、みすぼらしい姿をした淑嬪崔氏に声をかける人物がいた。仁顕王后の父・閔維重(ミン・ユジュン)である。




淑嬪崔氏の身の上を聞いて不憫に思った閔維重は、彼女を自宅に連れて帰り、当時8歳だった仁顕王后と一緒に育てた。こうして、淑嬪崔氏は、礼儀正しく聡明な少女へと成長していく。
(ページ2に続く)

絶世の張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝美女列伝4

妖艶な黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女列伝1

絶賛の敬恵(キョンヘ)王女/朝鮮王朝美女列伝2

傑作時代劇で知られる超有名な「5人のヒロイン」とは?

大妃(王の母)になって極悪人と化した「3人の巨悪王妃」とは誰か

国王よりも強かった「女傑の五大王妃」は誰か?

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る