妖艶な黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女列伝1

朝鮮王朝時代に名をとどろかせたもっとも有名な妓生(キーセン)だった黄真伊(ファン・ジニ)。妓生とは、歌や踊りで男性を接待する職業の女性を指す。黄真伊の正確な生没年はわからないが、関係のあった人物から推測すると、11代王・中宗(チュンジョン)の時代に生きた人物と考えられる。彼女はいったいどんな女性だったのか。

妓生になった理由

黄真伊は、役人と妾の母の間に生まれるが、物心つく前に父は家族を捨ててしまう。残された母は、女手一つで彼女に徹底的な英才教育を施した。黄真伊は7歳で文字を覚え、9歳になるころには難しい漢文を読み、自ら漢詩を作る才女となった。
美しく成長した黄真伊は、蔑視を受けながら一生を過ごすより、男尊女卑の束縛から逃れて自由に生きることを望む。しかし、それは、当時の社会では実現が到底不可能だった。ならば、と彼女は、自分の力でのし上がれる妓生になる道を選んだ。
当時は、一度妓生になると、一生その世界から逃れることはできなかった。
しかし、身分の高い男たちと接する機会が多く、冨を得るチャンスもあったため、美貌や芸に自信のある上昇志向の強い女たちが、この道を選ぶことが多かった。




優れた教養で詩や芸の才能を開花させた黄真伊は、その美貌もあって一気に知名度を高めた。その人気ぶりは、彼女を一目見ようと、各地から多くの客が訪れるほどだった。
(ページ2に続く)

傑作時代劇で知られる超有名な「5人のヒロイン」とは?

大妃(王の母)になって極悪人と化した「3人の巨悪王妃」とは誰か

国王よりも強かった「女傑の五大王妃」は誰か?

決定版!朝鮮王朝を揺るがせた「5人の悪女」

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る