実直な淑嬪・崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女列伝3

仁顕王后への忠誠心

1681年、閔維重は仁顕王后が粛宗の正室として指名されると、淑嬪崔氏をお付きとして王宮に入れる。しかし、その8年後、張禧嬪(チャン・ヒビン)の策略で仁顕王后は王妃の身分を剥奪されてしまう。
そんなある日、夜中に宮中を散策していた粛宗は、熱心にお祈りをする淑嬪崔氏を見かける。「何を祈っているのか」と尋ねると、淑嬪崔氏は、不当な扱いを受けた仁顕王后のために祈っていると正直に告げる。
廃妃の決定を下した自分を悔いていた粛宗は、本心を語る淑嬪崔氏の姿に胸を打たれ、彼女を側室として迎える。
側室になった淑嬪崔氏は、張禧嬪から執拗な嫌がらせを受けるが、屈することなく真っ直ぐに生き続け、やがて仁顕王后も正室として復位することができた。




1701年、仁顕王后は亡くなるが、淑嬪崔氏は最後まで仁顕王后に尽くした。そんな彼女に育てられた息子の英祖(ヨンジョ)は、後に名君として成長した。

絶世の張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝美女列伝4

妖艶な黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女列伝1

絶賛の敬恵(キョンヘ)王女/朝鮮王朝美女列伝2

傑作時代劇で知られる超有名な「5人のヒロイン」とは?

大妃(王の母)になって極悪人と化した「3人の巨悪王妃」とは誰か

国王よりも強かった「女傑の五大王妃」は誰か?

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る