粛宗(スクチョン)は仁顕(イニョン)王后を王妃に戻すとき何を語ったか

 

粛宗(スクチョン)が即位してから20年が経った1694年、彼は5年前に廃妃にした仁顕(イニョン)王后を再び王妃に戻す決心をした。仁顕王后の王妃への復活は、多くの高官たちに歓迎された。それほど彼女には人望があったのだ。




仁顕王后を再び王妃に戻す喜び

それは、1694年4月12日のことだった。
粛宗は仁顕王后を再び王妃に迎えるにあたり、自分の胸のうちを明かした。
「最初は奸臣(かんしん)たちにそそのかされて間違って処分してしまったが、ようやく本当のことを悟った。恋しくてもどかしい気持ちは時間が経つごとに深くなり、夢で会えばそなたが余の服をつかんで涙を流していた。起きてからそのことを考えれば、一日がむなしいばかりだった。そのときの心境をどうやってそなたが知るというのか」
かなり言い訳がましいが、粛宗の言葉はさらに続く。
「昔の縁を再び結ぼうとしたのだが、国家に関わることを処置するのは簡単ではない。辛抱して6年が経ったが、ようやく凶悪な者たちを処分することができたので、そなたをこうして移すことができるようになった。この後、再び会えるときがないとはどうして言えようか」




まわりくどい言い方をしながらも、粛宗は仁顕王后を再び王妃に戻す喜びを素直に語った。
(ページ2に続く)

粛宗(スクチョン)は仁顕(イニョン)王后を廃妃にするとき何を語ったか

粛宗(スクチョン)の母が張禧嬪(チャン・ヒビン)を王宮から追い出した!

絶世の張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝美女列伝4

実直な淑嬪・崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女列伝3

朝鮮王朝三大悪女の張禧嬪(チャン・ヒビン)の哀れな最期!

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る