コン・ユは2010年のファンミで何を語ったのか

 

抜群の演技力を見せているコン・ユ。今いちばん勢いがある韓流トップスターだが、彼の魅力を日本で存分に味わう機会が過去に何度かあった。特に思い出深いのが2010年12月5日に横浜アリーナで開かれたファンミーティングだった。

2010年12月5日に横浜アリーナで開かれたファンミでファンに手をふるコン・ユ

肌の手入れ

2010年といえば、コン・ユが兵役を終えて芸能界に復帰した年だった。彼が復帰作に選んだのは映画『あなたの初恋探します』である。
2010年12月5日のファンミーティングでも、この映画の話題が多かったが、そのときのコン・ユとの一問一答を再現してみよう。
――どんな映画ですか?
「これは、ミュージカルを映画化したものです。たぶん、ご存じの方もいらっしゃると思うんですが、簡単に内容を説明します。初恋の相手を忘れられない1人の女性がいて、その女性が相手を一生懸命探しますが、それを助ける男性が出てきて、その中で繰り広げられるハプニングを愉快に描いています。ロマンチックコメディーですね」




――話の途中ですが、お肌がつるつるですね。
「除隊したあとに『老けた?』と言われるのが嫌なので、肌の手入れを一生懸命しています(笑)」
(ページ2に続く)

パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

『トッケビ』で演技を絶賛されたコン・ユ

パク・ボゴムが『徐福』で韓国映画の新ジャンルの開拓に挑む!

ページ:

1

2 3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る