イ・ジュンギがインスタで「宇宙をぶち壊すようなテンション」と言った真意は?

 

イ・ジュンギは2019年8月11日のインスタグラムで、「仕事を始めたら宇宙をぶち壊すようなテンションで休まずがんばります」とコメントしている。この言葉は力強い。なにしろ、「宇宙をぶち壊すようなテンション」である。非常に刺激的な発言だ。

写真=イ・ジュンギのインスタグラムより




中途半端が嫌い

確かに、日頃のイ・ジュンギの熱意を思い出せば、「宇宙をぶち壊すようなテンション」の意味も理解できるのではないか。
彼は常にこう語っている。
「ファンに最高の自分を見せたい!」
「長く演技ができる俳優になりたい!」
エネルギーの要ることだが、イ・ジュンギはそのための準備を怠らない。からだを鍛え、ストイックに生きて、精悍な姿でまた作品に登場してくれる。
とにかく、中途半端が嫌いなのだ。
常に全力投球なのである。
それは、次の発言からもわかる。
「俳優としては、演技をやっては休み、やっては休み、というふうにしたいと考えてはいません」




「作品ごとに自分に与えられたキャラクターこそが新しい挑戦です」
「その挑戦自体がすごく刺激的だと考えています。こういう刺激が僕自身の情熱につながっていくのです」
(ページ2に続く)

『無法弁護士』のイ・ジュンギ!視聴者の期待以上のものを見せてくれる

イ・ジュンギが主演する『無法弁護士』の見どころはココだ!

新人時代に「目標の俳優はいない」と語ったイ・ジュンギの俳優魂は?

『無法弁護士』は謙虚なイ・ジュンギが主演したから真実味が増した!

存在感が抜群のイ・ジュンギ『無法弁護士』が面白い!

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る