コン・ユ主演の『82年生まれ、キム・ジヨン』は下半期最大の注目作!

 

2019年10月に韓国で公開される映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が、公開前から韓国で大変な話題になっている。なんといっても、韓国で100万部以上が売れた同名の小説が原作だ。しかも、トップ俳優コン・ユの3年ぶりの新作ということも大きい。




脚本を読んでコン・ユが泣いた

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の原作小説は、韓国社会で女性が背負う重圧を表現していたが、映画は原作小説の骨子を受け継いで制作されている。
主人公のキム・ジヨンは平凡な人生を歩んでいたが、ある時を境に過去の体験に苦しめられて如実に変化していく。
その夫のチョン・デヒョンは妻のこれまでの生き方を理解して一緒に苦悩を分かち合おうとする。
この映画でキム・ジヨンを演じるチョン・ユミとチョン・デヒョンに扮するコン・ユは三度目の共演を果たしている。
制作発表会は2019年9月30日にソウル市内で行なわれた。コン・ユはキム・ドヨン監督と呼吸がよく合ったことを強調していた。
「監督は長い間演技をされた方であり、俳優の観点をよくわかっていらっしゃいます。簡潔に話をされるので、私たちもよく理解できました」




そう語ったコン・ユ。彼はシナリオを読んで泣いたという。映画が描く家族関係を自分のことのように考えたからだという。
それほどまでにコン・ユを感動させた『82年生まれ、キム・ジヨン』。韓国のメディアは盛んに公開前からこの映画の話題を取り上げている。
その熱気を見ると、間違いなく、2019年下半期の最大の注目作と言える。

文=「ヨブル」編集部

10月公開の『82年生まれ、キム・ジヨン』!コン・ユの演技は?

『82年生まれ、キム・ジヨン』でコン・ユの出演場面が増えた理由とは?

コン・ユ主演の映画を半年間に2本も見られるのは幸せ!

コン・ユとチョン・ユミ!『82年生まれ、キム・ジヨン』で三度目の共演

コン・ユは『82年生まれ、キム・ジヨン』で妻に寄り添う夫をどう演じるのか

俳優魂が覚醒!寡作なコン・ユが2本の映画に立て続けに主演

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る