『82年生まれ、キム・ジヨン』で絶賛されているコン・ユの演技!

 

10月23日に公開された映画『82年生まれ、キム・ジヨン』。わずか5日間で観客が126万人を越える大ヒットとなっている。この映画の中では、特にコン・ユの演技に対する評価がとても高い。




どこまで観客数が増える?

『82年生まれ、キム・ジヨン』の公開に合わせて、コン・ユが各メディアに露出する割合が増えた。
彼にすれば、『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』以来ほぼ3年ぶりの新作だ。しばらくメディアに出ていなかっただけに、今は別世界にいるような気分になっていることだろう。
当然ながら、俳優として最新作の評判がとても気になる。
そこで、韓国メディアの評価を見ていくと……。
「非凡な俳優が平凡な人をしっかり演じきった」
「コン・ユが持つ繊細な演技力が生きている」
「情感があって深みを感じさせる演技だった」
こうした評価がメディアを賑わせている。
一番の主役はキム・ジヨンに扮したチョン・ユミだとしても、その夫の役を見事に演じたコン・ユも、観客たちが映画館に詰めかける流れを作ったといえる。




ネット上で見られる一般の観客のレビューでも、コン・ユの演技に対する好意的な意見が並んでいる。
こうした声が、新たな観客を呼び起こすに違いない。
果たして、どこまで観客数を伸ばすのか。
間違いなく、2019年下半期の最大の話題作だ。

文=「ヨブル」編集部

10月23日公開のコン・ユ主演『82年生まれ、キム・ジヨン』の見どころは?

俳優魂が覚醒したコン・ユの新たな演技スタイルとは?

10月公開の『82年生まれ、キム・ジヨン』!コン・ユの演技は?

コン・ユは『トッケビ』を「30代を飾る作品」と言い切った!

『82年生まれ、キム・ジヨン』でコン・ユの出演場面が増えた理由とは?

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る