朝鮮王朝で評判がひどかった「最悪の10人」とは?

 

韓国時代劇には朝鮮王朝時代の悪人がよく出てくる。そうした悪人の中で、史実でも評判が悪い10人を選んでみた。この人たちのせいで、朝鮮王朝の歴史には数多くの汚点が残ってしまった。




最初の3人

世祖(セジョ/1417~1468年)
7代王で在位は1455~1468年。首陽大君(スヤンデグン)という名でも知られる。4代王・世宗(セジョン)の二男で、6代王・端宗(タンジョン)の叔父。大変な野心家で、結局は端宗を脅して王座を奪う。その後は、端宗を復位させようという動きを徹底的に封じ、それを計画していた官僚たちを根こそぎ惨殺した。さらに世祖は、端宗が生きていると復位の動きがやまないと警戒し、端宗を上王から庶民に降格させたうえで死罪にした。

廃妃・尹氏(ペビ・ユンシ/1445~1482年)
9代王・成宗(ソンジョン)の正室。成宗の側室に嫉妬して宮中に呪いの言葉を持ちこみ、さらに成宗の顔をひっかいてしまい、1479年に廃妃となる。その果てに、1482年に死罪となった。「私の恨みを晴らしてください」と言い残したと伝えられており、息子の燕山君はその事実を知ってから、母の死罪に関係した官僚や女性を大虐殺した。




燕山君(ヨンサングン/1476~1506年)
10代王。在位は1494~1506年。9代王・成宗(ソンジョン)の長男として生まれた。元来が粗暴な性格で、王朝最悪の暴君と言われた。1506年にクーデターによって王位を追われ、同年に流配先の江華島(カンファド)で世を去った。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が仕組んだ陰謀とは何か

決定版!朝鮮王朝を揺るがせた「5人の悪女」

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

ページ:

1

2 3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る