「三田渡の碑」は仁祖(インジョ)の屈辱を現代に伝える!

 

1636年12月、清の10万人を越える大軍に攻められた朝鮮王朝は、ついに降伏し、翌年の1月に16代王・仁祖(インジョ)が屈辱的な謝罪を強いられた。それを象徴する碑を訪ねた。

碑の上部

屈辱的な石碑

清の皇帝の前に引っ張りだされた仁祖は、地面に額をこすりつけるような形で謝罪しなければならなかった。
そうしなければ、朝鮮王朝は清によって滅ぼされてしまうのだ。そのときの仁祖の屈辱は、いかばかりだっただろうか。
謝罪した場所は漢江(ハンガン)のほとりの三田渡(サムジョンド)である。
それだけでも屈辱なのに、清は朝鮮王朝に対して石碑を建てて歴史を形で残すことを要求した。
それを朝鮮王朝は拒むことができず、碑は1639年12月に建立された。




正式名称は「大清皇帝功徳碑」と言う。
碑の文章は、清に降伏した経緯や、清の皇帝を讃える内容となっている。
(ページ2に続く)

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

即位してから評判が最悪だった仁祖(インジョ)!

仁祖(インジョ)は貞明公主(チョンミョンコンジュ)に特別待遇を与えた!

光海君は仁祖が罵倒するほどの暴君だったのか?

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る