韓国では夫婦なのに妻がなぜ夫をオッパー(兄さん)と呼ぶのか

 

韓国ドラマを韓国語で見ているとわかります……夫婦の間でも妻が年上の夫をオッパー(兄さん)と呼んだりしています。結婚前の癖が抜けないのでしょうが、日本から見れば、ちょっと違和感があります。




恋人同士の呼び方

人間関係や上下関係を厳しく律する儒教思想が社会全体に浸透している影響なのか、韓国語では、相手への呼びかけの言葉が日本語以上に細分化されています。
たとえば、「姉さん」と呼ぶときも、男性が言う場合と女性が言う場合が違います。男性は年上の女性を「ヌナ」と呼び、女性は年上の同性を「オンニ」と呼びます。
「兄さん」も同じで、男性は年上の同性を「ヒョンニム」と呼び(この「ニム」は「様」という意味なので、親しい間柄ではそれを省略してただ「ヒョン」と言う)、女性は年上の男性を「オッパー」と呼びます。
東京では、いくら年上でも他人であれば「兄さん」「姉さん」とはあまり言いません。しかし、関西ではそういう言い方をよくします。韓国の場合は、100%そういう言い方をして、男性なら年上を「ヒョンニム」「ヌナ」と呼び、女性なら「オッパー」「オンニ」と呼びます。




ここで、恋人同士の呼び方が問題になります。普通、男女のカップルの場合は、男性が年上のケースが多いようです。そんなときは、恋人同士でも女性は男性のことを「オッパー」と呼びます。
この場合、男性は女性のことを親しみを込めて名前を呼び捨てにします。
(ページ2に続く)

ドラマの主人公は現実離れしているほうが魅力的!

韓国の芸能界で不祥事が多くなってきた原因とは?

芸能人が不祥事を起こさないために必要なことは?

韓国のテレビ局はどんな経緯で3大地上波になったのか

韓国語の会話には「様(ニム)」がやたら出てくる

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る