韓国のテレビ局はどんな経緯で3大地上波になったのか

 

韓国は“ドラマ大国”と呼ばれます。その根拠は、放送されるドラマの本数です。日本と比べても、はるかに数が多いドラマが日常的にテレビで放送されています。その中でも、特に視聴者が多い地上波の3大テレビ局が、KBS、MBC、SBSです。




放送局の再編

地上波の3大テレビ局は、それぞれ経営の形態が違います。KBSは公共放送、MBCは政府が出資して民間で運営する半官半民、SBSは民間放送となっています。
この3つの地上波テレビ局はどのような経緯で今に至っているのでしょうか。ドラマの放送実績を知るうえでも、その成り立ちが興味深いと思います。
KBSは国営放送局だった1961年にテレビ放送を開始しています。そして、1973年に特殊法人によって公社化されました。
MBCは1969年からテレビ放送を開始しました。今とはまったく違うのは、当初のMBCは民間放送だったということです。それがなぜ政府の介入を受けるようになったのでしょうか。
実は、1960年代から1970年代にかけては、民間の東洋放送(TBC)も存在していました。その頃は、KBS、MBC、TBCが3大テレビ局だったのです。
その状況が大きく変わったのが1980年です。当時は軍事独裁政権でしたが、政権側は言論を統制するために放送局の再編を強行しました。




それによって、TBCはKBSに吸収されて閉局となり、MBCも株式を政府側に握られ、完全な民間放送ではなくなってしまいました。この時点で、テレビ局はすべて政府の干渉を受けました。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムの謙虚さを見ていると誰もが応援したくなる

芸能人が不祥事を起こさないために必要なことは?

「世界で最も美しい顔100人」に韓国芸能界から選ばれた17人とは?

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る