ドラマの主人公は現実離れしているほうが魅力的!

 

韓国で放送される恋愛ドラマ。その全体的な特徴はほぼ決まっている。それは、偶然の出会いとハッピーなクライマックスの繰り返し、ということだ。ストーリーの全体像も、人生というのは多くの困難を乗り越えていくものだ、という筋書きになる。それをメロドラマ風に作っていくのが韓国ドラマの特徴だ。




対照的な男女

たとえば、男性の主人公は裕福な家庭の息子が多い。
これは女性の理想の対象とも言える。お金をもっていてハンサムで、まだ20代なのに企画室長をまかされている。
その一方で女性主人公は貧しい生い立ちが多い。
つまり、韓国の恋愛ドラマには境遇が対照的な男女が登場する。極端な生い立ちの2人をくっつけて、様々に対比させていく。
しかも、周りにたくさんの人々が出てきて、主人公の男女にからんでくる。その人間関係を細かく描くのが韓国ドラマのツボである。
もう一つ、重要なことがある。
韓国ドラマの主人公の特徴は、一部の例外をのぞいて、本人には特別な才能があまりない、ということだ。




これが大事なのである。
なぜなら、それによって、周囲の人から数多く助けてもらえるのだ。
そういう意味では、主人公は常に受動的だ。
(ページ2に続く)

韓国の芸能界で不祥事が多くなってきた原因とは?

芸能人が不祥事を起こさないために必要なことは?

韓国のテレビ局はどんな経緯で3大地上波になったのか

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

傑作ドラマは厳しい制作環境の中で作られる/なるほど韓ドラ1

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る