愛と別れの恋愛博物館〔第3回〕

チャールズ皇太子とダイアナ妃/全世界7億5千万人が見たロイヤル・キス

daiya

ロンドンが最も熱狂した日

その日はまるで中世の祭日にタイムスリップしたような1日だった。

1981年7月29日、午前10時半。海軍中佐の礼装に身を固めたチャールズ皇太子が、4頭だての馬車でバッキンガム宮殿を出発した。チャールズ皇太子はしきりと鼻をこすっていた。緊張したときのいつもの癖だ。

それから5分後。父親のスペンサー伯爵に連れ添われたダイアナ嬢が、バッキンガム宮殿そばのクラレンス宮から、ガラス製の馬車に乗ってチャールズ皇太子のあとを追った。レースのベールをまとったダイアナ嬢は、長い眠りから覚めた“森の美女”のように美しかった。

沿道の100万人の大観衆は、大小さまざまなユニオン・ジャックを振りかざし、長年の夢が現実になった喜びに酔いしれていた。

誰もが熱狂していた。冷静だったのは国鉄だけかもしれない。膨大な赤字に悩んでいた国鉄は、その赤字の解消策にロイヤル・ウェディングを利用した。というのは、セントポール寺院近くのガード上に特別遊覧席を設けて、1席150ポンド(約11万円)という法外な値段で売り出していたのである。もちろん超満員。国鉄にはうれしいプレミアがついた。

午前11時、外国王族、元首など3000人が見守る中、セントポール寺院で式は始まった。ダイアナ嬢のウェディングドレスはアイボリー・ホワイトのシルクのタフタ。後ろに垂れた裾は実に8メートルもあった。デザイナーのエマニエル夫妻が「おとぎ話の王女さまに見えるように」と工夫した傑作だ。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る