新大久保の食べ歩き放浪記(2016年7月27日)

 

DSCF8596

DSCF8623

新大久保で食べ歩き

新大久保の街には韓国料理店やグッズショップがたくさんあるので買い物に来る人が多いし、イベントを見に来る人も多い。しかし、新大久保にはもう1つ楽しみがある。それは食べ歩きだ。街の至る所にホットクやトッポキなどを売っているお店が存在する。そこで、今回の新大久保の食べ歩き放浪記では、実際に買って食べたものと買ったお店を紹介しよう。

最初に寄ったのは、ソウル市場というスーパーの中にある店だ。いろんな種類のチヂミやチャプチェやトッポキなど、たくさん売っている。ここでキムチチヂミとトッポキを購入した。それを持って近くの公園に行き、ゆっくりと食べ始める。まずはキムチチヂミを手に取った。キムチチヂミという名前と見た目から、「ちょっと辛そうだな」と思ったが、食べてみるとまったく辛くない。これなら辛いのが苦手な人でも食べることができる。それでいて、とてもモチモチしていて食べやすく、キムチのシャキシャキ感もあって美味しかった。

次にトッポキを手に取って食べる。こちらは先程のチヂミと違って、ソースがとても辛かった。全部食べ終わったときは口の中がヒリヒリしてしまい、持っていたお茶を一気に飲み干した。しかし、その辛さがとても刺激的でやみつきになりそうだ。その後、公園を出て再び歩き始めた。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る