チーズタッカルビはどんな料理なのか?

 

日本でブームになってきたチーズタッカルビ。若い女性を中心に大変な人気があり、ファミレスや牛丼チェーンのメニューにも加えられるようになった。そもそも、チーズタッカルビとは、どんな料理なのだろうか。

タッカルビは春川の名物料理

韓国のソウルで1990年代から若者たちの間で人気を集めたのがタッカルビだ。
この料理名の中で「タッ」は鶏という意味。つまり、タッカルビは「鶏カルビ」をさしている。
本場は、平昌(ピョンチャン)オリンピックが開かれた江原道(カンウォンド)。この道庁所在地の春川(チュンチョン)の名物料理がタッカルビなのだ。




春川といえば、『冬のソナタ』の舞台としてあまりにも有名だ。そういう関連性もあってタッカルビを知るようになった人も多い。
このタッカルビは、鶏のモモ肉を辛子味噌のコチュジャンと一緒に炒めた料理。しかも、トッポギとサツマイモもセットで炒められている。焼きすぎなければ、鶏のモモ肉が柔らかくコチュジャンとからまって本当においしい。
そんなタッカルビにチーズを組み合わせたのがチーズタッカルビだ。(ページ2に続く)

チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか

秘伝!自家製「焼肉のタレ」の作り方

〔紹介〕作ってみよう!キムチチゲ

〔紹介〕作ってみよう!スンドゥブチゲ

ページ:

1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る