チャン・グンソク!兵役までの第1部ストーリー(前編)

 

子役から芸能界で活動を始めたチャン・グンソクは、ドラマ『ファン・ジニ』で俳優としてのすばらしい成長力を見せた。そんな彼は2008年に『花より男子』の出演オファーを受けた。「受けるに違いない」と周囲は予想していたが、チャン・グンソクは『花より男子』の出演オファーを受けなかった。




高いプロ意識

チャン・グンソクが選んだドラマは、『花より男子』ではなく、『ベートーベン・ウイルス』だった。
この『ベートーベン・ウイルス』は、才能がありながらもどこか足りない部分を持つ団員たちが結成したオーケストラの話である。その中でチャン・グンソクは、絶対音感を持つ天才音楽家を演じた。
チャン・グンソクは、『ベートーベン・ウイルス』を選んだ理由についてこう語っている。
「音楽を通じて感情を分かち合い、そして、感動を伝えることができる作品だと思ったからです」
今から考えても、『ベートーベン・ウイルス』のほうを選んだのは英断だった。




この作品は、チャン・グンソクの飛躍に欠かせない作品となった。
チャン・グンソクは、『ベートーベン・ウイルス』でトランペットをはじめて演奏したという。しかし、初心者とは思えないほど華麗な旋律を奏でた。
このレベルに達するには並々ならぬ努力が必要だろう。チャン・グンソクの高いプロ意識がうかがえた。(ページ2に続く)

チャン・グンソク!兵役までの第1部ストーリー(中編)

チャン・グンソクの兵役までの第1部ストーリー(後編)

チャン・グンソク!「新兵訓練より研修」は兵役の適切な始まり

チャン・グンソクがなる社会服務要員の役割とは何か

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る