チャン・グンソクはソウル消防災難本部でどんな毎日を過ごすのか

 

兵役に入ったチャン・グンソクはソウル消防災難本部での服務を始めました。芸能界から慣れない職場に行って戸惑うことも多いはずです。果たして、毎日はどんな日々になるのでしょうか。

学校を回って防火訓練の指導をするソウル消防災難本部の職員たち(写真=ソウル消防災難本部)




通勤と勤務時間

兵役中とはいえ、チャン・グンソクはソウル消防災難本部に入ったので、立場的には公務員に準ずる身分ということになります。要するに、公務員になったと考えればわかりやすいでしょう。
勤務する期間は2年間です。
勤務地となったソウル消防災難本部は、巨大都市ソウルで様々な災難に緊急で対応する中枢部です。場所もソウルの中心部にあります。
基本的に、社会服務要員は自宅からの通勤が原則です。逆に言えば、通勤できないようなところには配属されません。
交通費も実費が支給されます。
社会服務要員としての仕事は、1日8時間勤務が原則です。




通常は、午前9時から午後6時までの勤務となり、1時間の昼食休憩を取ります。
そして、1週間に40時間の勤務を行なって、土日が休日となります。
本来なら残業はないのですが、勤務先の状況によって変わってきます。(ページ2に続く)

チャン・グンソク!兵役までの第1部ストーリー(前編)

チャン・グンソク!「新兵訓練より研修」は兵役の適切な始まり

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

チャン・グンソクがなる社会服務要員の役割とは何か

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

ページ:

1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る