チャン・グンソクはソウル消防災難本部でどんな毎日を過ごすのか

 

兵役に入ったチャン・グンソクはソウル消防災難本部での服務を始めました。芸能界から慣れない職場に行って戸惑うことも多いはずです。果たして、毎日はどんな日々になるのでしょうか。

学校を回って防火訓練の指導をするソウル消防災難本部の職員たち(写真=ソウル消防災難本部)




通勤と勤務時間

兵役中とはいえ、チャン・グンソクはソウル消防災難本部に入ったので、立場的には公務員に準ずる身分ということになります。要するに、公務員になったと考えればわかりやすいでしょう。
勤務する期間は2年間です。
勤務地となったソウル消防災難本部は、巨大都市ソウルで様々な災難に緊急で対応する中枢部です。場所もソウルの中心部にあります。
基本的に、社会服務要員は自宅からの通勤が原則です。逆に言えば、通勤できないようなところには配属されません。
交通費も実費が支給されます。
社会服務要員としての仕事は、1日8時間勤務が原則です。




通常は、午前9時から午後6時までの勤務となり、1時間の昼食休憩を取ります。
そして、1週間に40時間の勤務を行なって、土日が休日となります。
本来なら残業はないのですが、勤務先の状況によって変わってきます。(ページ2に続く)

チャン・グンソク!兵役までの第1部ストーリー(前編)

チャン・グンソク!「新兵訓練より研修」は兵役の適切な始まり

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

チャン・グンソクがなる社会服務要員の役割とは何か

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る