青春18きっぷ!最高の景色を求めて行く高原の旅(前編)

多くの人で賑わう軽井沢駅

すばらしい景色に感動

小諸駅から乗った小海線

軽井沢駅で買った地ビール

日本一高いところにある野辺山駅

地ビールの味を堪能

バスは横川駅を10時10分に出発し、碓氷峠を走っていく。道は急坂だったのだが、バスはすごい勢いで坂を登っていった。バスが碓氷峠の頂上を超えると次第に軽井沢の市街地へと入り、10時44分に軽井沢駅に到着した。
軽井沢駅で地ビールやつまみなどを購入して、今度はしなの鉄道に乗って小諸駅へと向かう。電車が11時8分に軽井沢駅を出発。小諸駅までの乗車時間は26分である。電車の窓から山が見えたが、残念ながら雲がかかっていて少し見えにくかった。
小諸駅に到着したのは11時32分。この小諸駅で小梅線に乗り換えて、11時58分に駅を出発した。ちょうどお昼の時間帯で、お腹も空いてきたため、ここからは車内でお酒を飲みながら旅を続ける。
軽井沢駅で買った地ビールとつまみを袋から出して食べ始める。買った地ビールは2本で、まず最初に「軽井沢高原ビール」を飲んでみた。とてもスッキリしていて、高原のど真ん中にいることを感じさせるようなさわやかな味わいだった。




次に「THE軽井沢ビール」を飲んで見ると、先程の「軽井沢高原ビール」と違って熟成された味わいだった。やはり、その地方で売られている地ビールはとても美味しかった。
ビールのつまみとしてサラミなどを購入していたが、小諸から小淵沢までは2時間20分かかる。ビールやつまみはすぐになくなってしまい、窓の景色を見ていたのだが、お酒を飲んだことと電車の揺れの気持ちよさによっていつのまにか眠ってしまっていた。
しかし、この電車は途中に野辺山駅を通るので、そこはしっかりと見ておかなければならない。なぜなら、野辺山駅は標高約1345メートルにあり、日本一高いところにある駅として有名だからだ。そこに来ただけでも感動するが、景色がまたすばらしいのでその感動は倍になる。
野辺山駅を過ぎて、電車は14時20分に小淵沢駅に到着した。(後編に続く)

文=康 大地(コウ ダイチ)

浅草を気ままに歩く(前編)

ブラリ散策に役立つ「新大久保の歩き方」

康熙奉(カン・ヒボン)のワガママ散歩10「南紀ローカル線」

韓国のそこに行きたい(済州島 前編)

ページ:
1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る