最高峰から奈落の底に落ちた鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!

 

朝鮮王朝時代には厳しい身分制度があったのだが、最高峰とも言える品階(正一品と従一品)を持った官僚の妻には、「貞敬(チョンギョン)夫人」という封爵が与えられた。この封爵は、民間女性の最高位である。それを受けたのが鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)だった。




栄華は長続きしない

鄭蘭貞は過酷な境遇の中で育った。
彼女は母が奴婢(ぬひ)だったために、本人も奴婢の境遇だった。
しかし、妓生(キセン)になった後に尹元衡(ユン・ウォニョン)の妾になり、ついには、尹元衡の妻を毒殺して正妻の座を手に入れた。まさに、鄭蘭貞は最下層から最上位に劇的に身分を上げた女性だった。
それが可能だったのは、尹元衡の実姉が11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室・文定(ムンジョン)王后だったからだ。
尹元衡は実姉の威光を利用して大出世し、それに応じて鄭蘭貞も女性として民間トップの勲章を得た。
これもすべて鄭蘭貞が文定王后の手先として、恐ろしいほどの悪事に手を染めた結果だった。
しかし、栄華は長続きしなかった。




文定王后が1565年に世を去ると、尹元衡夫婦はアッという間に没落した。後ろ楯がいなければ、尹元衡と鄭蘭貞はただの悪人夫婦だった。
2人はあわてて王宮から逃げ出した。
そのまま留まっていれば、命を奪われるのが目に見えていたからだ。それほど夫婦は怨みを買っていた。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

「巨悪の朝鮮王朝三大悪女」は誰なのか?

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はなぜ復位できなかったのか

燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)!王朝を混乱させた2人の王

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る